名刺管理の定番WorldCardのサーバー版リリース
オンプレミスの他、プライベートクラウドによる運用や
SaaS事業者のプラットフォームにも

25ヶ国語の名刺認識、業界最高の認識精度の名刺データ管理
安全な業界標準のデータベースに保管
小規模グループから大規模エンタープライズまで柔軟に適用

データの編集保存からアクセス権限設定・操作ログ等の管理
ERP/CRMとの連携支援、自動バックアップとリカバリー等
持続性のある名刺データのネットワークを提供します
特長
機能
サーバー管理
システム構成
資料・お問合せ
対応スキャナー
専用の名刺スキャナーで名刺をスキャンする事で、WorldCard Enterprise Windows 版に名刺画像を取り込み、データする事が可能です。
AD240
A4 ADF スキャナー
AD200シリーズなど AVISION製のADF ドキュメントスキャナーで、名刺の両面を同時に、圧倒的な高速でデータ化できます。
WorldCard V8 Ultra Plus -Personal
WorldCard Ultra Plus
■名刺専用スキャナー
Windows / Mac PC 両OSに対応します。片面ずつ名刺画像を取り込み、WorldCard Enterpriseでデータ化します。
WorldCard V8 Ultra Plus -Personal
WorldCard Mobile Phone Kit
■スマートフォン名刺リーダー
スマホ版アプリではカメラで名刺をデータ化できます。さらに Mobile Phone Kitを使用すると、専用スタンドに名刺をセットするだけで自動的にシャッターがおりて、すばやく快適に名刺を取り込めます。
御購入品の構成
下記各項目につき、お客様の所要数量をお選び頂き、御購入の必要な品目を構成して頂きます。
御見積り依頼の際は、その情報をお伝えください。
システム構成につき、御不明な点がある場合は、弊社担当スタッフが御説明致しますので、御連絡下さい。
1 WorldCard Enterprise Edition
サーバー アプリケーションソフトウェア (CD供給)
所要アカウント数分のライセンス
2 WorldCard Enterprise Edition
Windows クライエントアプリケーション(CD供給)
3 スキャナ(専用手挿しフィード型) Ultra Plus
4 スキャナ(自動給紙ADF型)
5 WorldCard Mobile for iPhone
-Enterprise Edition (AppStoreダウンロード)
ユーザー数分
6 WorldCard Mobile for Android
-Enterprise Edition (GooglePlay ダウンロード)
ユーザー数分
7 モバイルデバイス用名刺撮影スタンド 所要台数分
システム要件
WorldCard Enterpriseはデータ管理およびアクセス管理を行うサーバーを Microsft の Windows Server ベースで構築されます。 実際に名刺データを利用するクライアント側はアカウントがあればいずれのデバイスからでもご利用頂けます。
サーバー
サーバー Windows Server 2008 R2 以降
DBサーバー MS SQL Server 2008 以降
コンポーネント .NET Framework 4.5 以降
WEBサーバー IIS 7.0以降
クライアント
iPhone iOS 6 以降
Android Android 2.3以降
PC Windows 10 / 8 / 7 / Vista
ブラウザ IE 9以降/ Chrome/ FireFox/ Safari