名刺管理の定番WorldCardのサーバー版リリース
オンプレミスの他、プライベートクラウドによる運用や
SaaS事業者のプラットフォームにも

25ヶ国語の名刺認識、業界最高の認識精度の名刺データ管理
安全な業界標準のデータベースに保管
小規模グループから大規模エンタープライズまで柔軟に適用

データの編集保存からアクセス権限設定・操作ログ等の管理
ERP/CRMとの連携支援、自動バックアップとリカバリー等
持続性のある名刺データのネットワークを提供します
特長
機能
サーバー管理
システム構成
資料・お問合せ
UI言語は日、英、中(繁体・簡体)、ユーザーフレンドリーなUIのクライアントソフトウェア
UI言語は日本語、英語、中国語(繁体・簡体)の4カ国語があります。個人の名刺はカテゴリーごとにツリー構造で保存されます。閲覧権限のあるユーザーのカテゴリーが画面の左側にツリー構造で表示されますので、参照するユーザー、カテゴリーを選択すれば、共有されている名刺リストが画面中央に表示されます。画面右には選択された名刺の詳細情報やメール送信、Skypeコール、地図検索等、名刺データの参照だけでなく、活用する機能が豊富に用意されています。スマートフォン版ではレイアウトが異なりますが、 Windows版とほぼ同等の機能があります。
名刺共有ウィンドウ:カテゴリー管理
カテゴリーという単位で複数の名刺を仕分けして整理することが可能です。カテゴリーはログインしたアカウントのルートカテゴリーの下に自由に階層構造を作ることができます。権限が付与されていれば他のアカウントのカテゴリーの閲覧/ 編集/ 階層構造の変更が可能です。(権限は管理者のみが設定できます。)
お気に入りウィンドウ
共有ウィンドウで頻繁に使用するカテゴリーだけを表示することができます。カテゴリー名の左にある青い星印をチェックされたカテゴリーだけがお気に入りウィンドウに表示されるため、階層構造が深くなってしまった場合でも、下の階層のみにチェックを入れることで、どの階層のカテゴリーでもダイレクトにアクセスすることが可能です。
23カ国語を認識、スキャン後すぐにデータを活用
PC用スキャナー「WorldCard V8シリーズ」でスキャン、またはスマートフォンでキャプチャーされた名刺は、1枚当たり数秒で認識され、項目ごとにデータ化され、即座に名刺データとして利用できます。
全文検索と詳細検索、重複検索
各フィールド(名前、組織、電話番号、住所、メール、ウェブサイト、インスタント・メッセージ、メモ、ユーザー定義)毎のキーワード、およびカテゴリー、登録日時、変更日時による絞り込みが可能です。