名刺管理の定番WorldCardのサーバー版リリース
オンプレミスの他、プライベートクラウドによる運用や
SaaS事業者のプラットフォームにも

25ヶ国語の名刺認識、業界最高の認識精度の名刺データ管理
安全な業界標準のデータベースに保管
小規模グループから大規模エンタープライズまで柔軟に適用

データの編集保存からアクセス権限設定・操作ログ等の管理
ERP/CRMとの連携支援、自動バックアップとリカバリー等
持続性のある名刺データのネットワークを提供します
特長
機能
サーバー管理
システム構成
資料・お問合せ
クライエントとサーバーの名刺データをオンラインで同期
各クライエントアカウントでログインすることで、サーバーへのアクセス可能な場所であれば、名刺データが常にクライエント・サーバー間で同期されるので、最新の情報へのアクセスが可能です。

業界標準のデータベースに保存、セキュリティの高い運用
Microsoft の IIS およびSQL Serverで構成され、HTTPS (SSL)通信により、各デバイスとはセキュリティの高い情報通信が可能です。
ユビキタスにあらゆるデバイスからアクセス可能
クライエント側では、専用スキャナーで名刺をスキャンするWorldCard EnterpriseのWindows版や、スマートフォンで名刺を撮影して取り込むEnterprise iPhone版/Android版をインストール。名刺データをキャプチャー・編集してサーバーに保存。 適時閲覧と自分のデータの編集も可能。 また、ブラウザーの使用が可能な環境では、WEBブラウザ版で、ユビキタスにあらゆるデバイスからデータの閲覧が可能。
25カ国語に対応
日本語、英語、中国語、その他ヨーロッパ言語を含む25カ国語を認識し、名刺のデータ化・管理が可能です。 (※1)
セキュリティの高い名刺情報管理
Microsoft の IIS および SQL Server で構成され、HTTPS (SSL) 通信により、各デバイスとセキュリティの高い情報通信が可能です。
ERP/CRMシステム連携オプション
WorldCard EnterpriseはSQLサーバーをデータベースとし、企業に既に構築されたOracle データベースやSQLサーバーで構築された業務管理側のERP/CRMシステムへの統合も可能になります。(案件ごと御相談)
部門やプロジェクトチーム単位で情報を共有
部門やプロジェクトチームなど任意のグループ内での名刺データの共有が可能です。ポリシーにより、特定のメンバーの間だけでお互いの名刺データを共有することもできます。 特定のプロジェクトにおいて、部門を超えた情報共有が必要な場合にも、同じネットワークの中であれば、即座に共有設定をすることが可能。ビジネスチャンスにすばやく対応できます。
名刺管理手段の比較
WorldCard Enterpriseは従来から多くの企業で取り組まれている様々な名刺管理と比較して、非常に大きなアドバンテージを御提供します。名刺管理サーバーにデータ管理のポイントが集約して置かれることにより、情報共有による営業などの業務の効率化と、目的の名刺データへのアクセススピードの向上により、ユーザーのビジネスが大きくサポートされます。また、企業全体の継続的なデータ運用やアーカイブ化、顧客情報の諸々の管理を実施する上でも、非常に重要な役割を担っています。
機能 WorldCard Enterprise 従来の紙ベースの
名刺管理
PCによる
名刺スキャナー
WorldCard Color
スマートフォンによる
名刺管理アプリ
WorldCard Mobile
インプット スキャン / 撮影 自力入力 スキャン 撮影
認識 自動 手動 自動 自動
保存先 サーバー 名刺ホルダー PC スマートフォン
対応プラットフォーム Win / iOS / Android N / A Win / Mac iOS / Android
多国言語認識 23ヶ国語 ※1 X O O
検索 O X O O
クラウドへ同期 O X X O
連絡先シェア O X X O
保存先容量 特大
アクセス管理 O X X X
レベル管理 O X X X
ユーザー操作ログ O X X X
データベース統合 O X O X
バックアップと復元 自動 / 手動 X 手動 手動
※1 認識言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ノルウェー語、ハンガリー語、ポーランド語、スェーデン語、デンマーク語、フィンランド語、オランダ語、トルコ語、ロシア語、ポルトガル語、ギリシャ語、スペイン(メキシコ)語、ポルトガル(ブラジル)語、チェコ語、スロバキア語の計23カ国語を認識します。