株式会社NEXX、名刺管理アプリWorldCard V8を新発売
~WorldCard V8 搭載のUltra Plus, Color(2機種), Officeの4パッケージを新規提供~
~ファイル構造をDB型に移行でインデックシングと検索のスピードを大幅に向上~
~Google, SNS, 各種クラウドサービスとの多様なワンタッチ連携メニューを提供~
~従来バージョンのWorldCard ユーザーにも無償アップグレード特典~

2014年8月11日(東京)

ソリューション開発・販売の株式会社NEXX(本社 東京都千代田区、代表取締役 由利義和、以下NEXXと呼称)は、世界最高クラスの認識精度と25ヶ国語のマルチ言語認識能力で定評が確立している世界トップシェアの国際派名刺管理ソフトWorldCardのデータベース構造と各種連携機能を大幅に更新したWorldCard V8シリーズパッケージ(Windows/Mac用)を新たに市場に投入致します。

製品パッケージとしては、これまでのWorldCard旧バージョン搭載パッケージで市場に親しんでいる専用スキャナ4機種は、ハード的にはそのまま活用し、大幅に設計変更されたWorldCard V8をアプリケーションとして添付することで、新シリーズWorldCard V8パッケージとして新たに生まれ変わりました。

新シリーズのパッケージ構成

新シリーズパッケージモデル構成の詳細と価格は、本リリース添付の別表記載の通りです。

特に、WorldCard V8 Ultra Plus -Personal版 パッケージ (NEXXモデル番号NX-321C) は、専用スキャナとして最新のUltra Plusスキャナを使用し、アプリケーションとして、Windows PC用のWorldCard V8 Windows版 ( Win 8/8.1までサポート)とMac PC用のWorldCard V3 Mac版(Mac用最新版)の両方がワンパッケージで提供されます。

WorldCard V8 Color -Personal(NX-301CG/CW、カラースキャナ本体色 グレー/ホワイトの2色選択)とWorldCard V8 Office Personal (NX-311C、白黒スキャナの廉価版)の3パッケージは、Windows OS版(V8)のみの提供になります。

また、新V8シリーズの発売に伴い、名刺データクラウドサービス「名刺バスケット」機能を搭載した企業用途向けのWorldCard ビジネス版搭載パッケージは、本日以降、専用スキャナとしてはWorldCard Ultra Plusを同梱するパッケージとしてモデル変更になります (従来はWorldCard Color専用スキャナ同梱)。

8月11日より受注開始、在庫より即日出荷可能。 個人ユーザーは、NEXXダイレクト通販か、通販オンラインショップのNEXXマート楽天店、同Amazon店、同Yahoo店などからの御購入。 法人ユーザーはNEXX法人直販か、ダイワボウ情報システム株式会社等の代理店経由販売となります。

新V8シリーズ のポジション

今回のPC版WorldCard V8による製品ラインのリニューアルに加え、モバイル版WorldCard (iOS/Android版)にも、今後パッケージとしてWindows PC版V8とMac PC版(最新版ver 3)のプログラムCD,それに加えiPhone版とAndroid版のアクティベーションコードとスマホ撮影用専用スタンドが添付される上位パッケージモデルが提供されます(WorldCard Mobile Phone Kit (以後、「Mobile Phone Kit」と呼称 - 発売8月下旬予定)。 WorldCard V8とMobile Phone Kitとはペア的な位置付けとなり、モバイルデバイス上のWorldCardデータと、PC上のWorldCardデータとが、ワンタッチ操作でGoogle やDropboxを通じ縦横にデバイス間の相互データ交換や同期の結果、一元的な連絡先データとして手軽に統合され、ユーザーがいつどこでどんなデバイスを使用しても、同じ一つの連絡先データベースから、すばやく名刺データを閲覧・管理・活用ができるようになります。WorldCard V8は、その一貫したシリーズ構成提供の第一歩になります。

V8では、クラウドサービスとの連携性が一層強化されており、例として、名刺連絡先とのアイコンワンタッチでのSkype電話,SMS, メール送信、地図表示・路線検索、ホームページ表示などのアイコンワンクリックでの操作や、Facebook, LinkedIn, TwitterのSNSアカウント検索がワンタッチでできる機能が提供されています。 同期とエクスポートのメニューからは、基本的なCSV/Excel/Textだけでなく、Salesforce CRMなどの各種クラウドサービスとのプリセットによるワンタッチ連携メニューが多数用意されており、クラウドプロセス時代に最適な操作性を装備した、個人・ビジネス両面のユーザーの需要にジャストフィットする、画期的な名刺アプリケーションとして提供されております。

WorldCard V8の特徴

(1) 従来からのWorldCardならではの特徴を維持、更にユーザー用途に則した更新がされております。

A) マルチ言語の認識: 世界25ヶ国の名刺言語を認識。ユニコード形式データ使用なので日本語Windows上でも各国語の文字がそのまま表示されます。英語圏だけでなく、多様な国の相手先と名刺交換と交信する機会の増えた、垣根の低い国際社会化している昨今に必須のマルチ言語サポートは、WorldCard だけが提供している機能です。
B) 漢字・かな文字も高い水準で認識: 各言語とも世界トップクラスの高い文字認識精度を維持。特に認識の難しい日本語や中国語文字の認識率が他社ソリューションにくらべ(OEM製品を除き)格段に高い認識性能を発揮。 普通の印刷仕様の名刺で、常時90-95%以上の認識率でテキスト化します。 これは、WorldCardが漢字の手書き文字認識の父といわれるDr. E.T.Tsayの主宰するPenpower社が長年に亘り、漢字圏特有の文字の認識エンジンの機能向上を培ってきた素地の上で、NEXXとのコラボレーションで、日本市場でも実用域に入るレベルまで漢字・かな・記号の認識精度をが向上させてきた事が、欧米型の認識ソフト会社のソリューションより、格段に認識精度の高い文字認識が提供できている理由です。
C) 読みがな補正: 人名と社名の漢字に自動で読みガナを付与。人により読みがなの異なる日本人の氏名も、候補をプルダウンメニューからマウスで選択するだけで修正。索引付けの際のふりがなの正確さが検索上で重要な日本人の氏名と社名を効率よく登録できます。
D) 11カ国語のUI言語が設定可能: 新機能です。インストール時にユーザーインターフェース言語として世界主要11カ国語からの選択が可能に。海外ネットワークをもつマルチナショナル企業の各国拠点で、同じWorldCardアプリケーションを夫々の自国語UIの設定にして、ストレスなく共通のデータを閲覧・編集することができます。
E) 見出し機能を中国語・韓国語にも拡張: 人名・社名の日本語よみがな50音順と英語アルファベット順による見出し機能を、さらに拡張し、中国語名刺は?音(Pinyin)、注音符号、画数で、韓国語名刺はハングル読みがなで見出し索引が提供されています。
F) 簡単なOCR(文字認識)結果の修正: 日本語UIで読み取りデータを修正する際、各項目のテキスト化データにマウスを当てると、下側に名刺画像の該当部分を表示するように改善されたため、名刺全体と見比べる必要がなく、集中して修正が可能。最短で最善の修正作業が進みます。
G) 良く使われる基本機能を継続して提供: カテゴリー作成・名刺データを複数カテゴリーにドラッグアンドドロップで仕分け、メール送信、差し込み印刷、ラベル印刷、登録日時・更新日時の自動記録と表示、同一人物の重複データの抽出、詳細検索機能、他。
H) セキュリティ: パスワード管理によるデータセキュリティ

(2) 新機能として下記の要素が提供されています。

A) 直観的に使い易い斬新なUIデザイン: モバイル連携、クラウドサービス連携、SNS検索などの最新の各機能を、直観的にスタイリッシュなアイコンから操作できる、現代のユーザーにアピールする2014年型の斬新なデザインのUIです。
B) 新しいデータベース構造: 基本設計の変更(データベースフォルダ .wrp形式)で、登録名刺データ数が数千件を超す場合でも、従来バージョンより格段に速い速度で開き、データの並べ替えなどの実行速度が大幅に向上しております。 特にファイルサーバー上にデータフォルダーを置いて、社内ネットワーク経由で複数名が同じデータフォルダーを共有する場合などには、V8のデータベースが実用域の十分なスピードを提供します。(注:ネットワーク環境により異なることがあります。)
C) クラウドサービス/SNSとのワンタッチ連携: リストモードで、各名刺データの表示画面右側のエリアに、当該連絡先へのSkype電話、Skype SMS、Eメール送信、Google Map表示、ホームページ表示などがアイコンのワンクリックで実行できるアイコンが提供されています。また、別の画面上ブロックには、当該連絡先のFacebook, LinkedIn, Twitterアカウントの検索結果が表示され、名刺交換した人とのSNSでの「つながり」も効率的にできるようサポートします。
D) Google Contactsとワンタッチで同期: 保存した名刺データをGoogle Contacts (Gmail 連絡先)と同期するためのワンタッチメニュー。ユーザーのもつ複数のPC(Win, Mac)上のWorldCardないしモバイル版WorldCard( iPhone, iPad, Android)との連携を、WorldCard V8では、ワンタッチで行います。常にGmail 連絡先にバックアップされているため、PCや携帯端末の機種変更などの時も、新機種に交換後、簡単に最新のデータに復元できます。
また、WorldCardのGoogle 同期の場合は、他社ソリューションでは制限のある、両面名刺画像の入った名刺データの同期や、任意の複数台のPCとモバイルデバイス間での同期なども、自由に制限なくできるのが特長になります。
E) Dropboxとのインポート・エクスポート: プリセットメニューからDropboxとも, ワンタッチで、データ交換形式( .wcxfファイル形式)でのエクスポートとインポートが可能です。また、.wrpデータベースフォルダ自体の同期利用も可能で、簡単にWorldCard 名刺データをデバイス間で同期利用ができます。ユーザーのプリファレンスや社内の情報ポリシーに基づいて選択します。また、世界の訪問地によりGoogleへのアクセスに制限がある場合のバックアップとしても有効です。
F) Outlook/Lotus Notesとの同期: Microsoft Office OutlookとIBM Lotus Notesの各アドレス帳とのメニューからのワンタッチ同期が可能です(名刺画像含む)。クラウドベースでの制作、コラボ、コミュニケーションとデータ共有が可能なOffice 365やNotes の契約ユーザーが増えることに伴い、業務環境でも、WorldCard V8が、まずます使い勝手の良い宛先情報の取込みと管理のツールとして活用の場が広がります。
G) Salesforce CRMとの同期: Salesforce Enterprise Edition 以上のユーザーは、スキャンしたばかりの名刺データを選択し、「取引先責任者」ないし「リード」として、エクスポートメニューのワンタッチでSalesforceに取り込みます。クラウド型CRMツールの企業ユーザーが大幅に伸びている中で、営業効率が飛躍的に向上する際のベースを担います。
各通販サイトへのリンク

NEXXダイレクトオンライン: www.nexx.co.jp/store/
楽天市場NEXXマート:   www.rakuten.co.jp/nexx-mart/
アマゾンNEXXマート、もしも加盟店オンライン、ヤマダモール等を皮切りに、順次各通販サイトを広げて参ります。

以上

==================================================================
各種お問い合わせ、製品写真・デモ・サンプル機等のご請求は下記にご連絡ください。
メディアよりのお問い合せ窓口:   press@nexx.co.jp 
販売店様・ユーザー様お問い合わせ: info@nexx.co.jp 
                  もしくは弊社ホームページ「サポート」/「お問合わせ」より
電話:03-3511-7157 FAX 03-3511-7158
製品お問合せ担当まで。
また、製品写真は、弊社ホームページの製品ページからダウンロード頂けます。
==================================================================

株式会社NEXXについて:
文書管理ソリューションとデジタルビデオアプリケーションを中心にした、各種ハードウェアとソフトウェアソリューションの開発と販売を行っております。文書管理ソリューションでは、事業提携先、Avision社とPenpower社との製品開発と供給上の提携をベースに、もっともユーザーニーズに近い、先進的で特長のあるスキャナソリューションパッケージとカスタム開発を行っております。

(以上)