株式会社NEXX、製本文書の多量なスキャナ保存業務用に最適化された
A3サイズ ブックエッジスキャナー 「FB6280E SSPパッケージ」を発売

~優れた画像品質と、高いスループットの両面をサポート~
~NEXX独自のスキャンアプリケーションNXScan SSP editionが業務の高速化を実現~
~製品レンタルサービスも開始~

2015年4月1日(東京)

ソリューション開発販売の株式会社NEXX(本社 東京都千代田区、 代表取締役 由利義和)は、本日4月1日、A3サイズブックエッジスキャナFB6280Eの業務用特別版「FB6280E-SSPパッケージ」を発売しました。 企業内文書や政府公官庁補完文書は、一旦製本化されるとスキャナ保存のためにばらすことは通常困難です。 「FB6280E SSPパッケージ」は、NEXXの提供する「NXScan SSP edition」の機能により、分厚い製本文書でも、フットペダル連携が実現したことで、ハンズフリーでより安定して製本文書を保持し、ブックエッジのパテント技術により、綴じ目の隅までを綺麗にスキャンして電子画像化ができると同時に、スキャンスピードの高速化や、プロファイルスキャン二ングなど、作業手順の効率的な短縮を図ることができ、スループット重視型のスキャナ入力業務用に最適化されたブックエッジスキャナのパッケージとなります。

また、2015年の税制改正大綱により、大幅にスキャナ保存要件の規制緩和が進むため、企業での国税関係書類などの紙文書をスキャナ保存に切り替える企業数が大幅に増加する見込みです。 これを受け、製本化文書のスキャン二ングツールとしては唯一政府要件に適合しているフラットベッド型(*注1)のブックエッジスキャナーFB6280Eに、現場の要望を取り入れてフットペダル連携などのカストマイズを行った業務用特別仕様パッケージが「FB6280E SSP パッケージ」です。

(注1)製本文書をカメラで撮影する方式は、本日現在では、適法なスキャナ保存の要件としてはまだ認められてはおりません。


製品名称・構成・価格
製品型番: FB6280E-SSP
製品名: A3 ブックエッジスキャナ(NX Scan SSP edition付)
JAN CODE:4562171363033

製品価格:199,000円 (税抜)

納期:  在庫のある場合 御発注後2週間以内
     在庫のない場合:都度お見積り

製品レンタル価格: 月次60,000円 (税抜)
        (1週間単位でのレンタル契約になります)
製品の特長
(1) フットペダルでスキャン

FB6280E SSP パッケージでは、フットペダルの使用が可能になり、製本文書の背表紙を両手でしっかり押さえたままでスキャンができるため、紙のブレがなくなり、綴じ目(のど)から2mmまでのページの隅までを綺麗にスキャン画像化できます。

(2) 高速化と高いスループット

SSP仕様版に標準添付されるNEXX提供のスキャン専用アプリケーション「NXScan SSP edition」の使用により、スキャンスピードは、これまでのFB6280E標準版に比べて、A3 300dpiカラーで21%, 400dpi カラーでは最大57%高速化できるモード設定が可能です。

(3) プロファイル登録による簡単スキャン

NXScan SSP editionでは、この他、もともとFB6280Eで豊富に提供されているTWAINのスキャン条件設定やスキャン範囲の設定、画像エンハンスメント機能などをすべてプロファイルとして名前を付けて作業管理者が登録し、スキャン作業時には、作業担当者は文書ごとに使用するプロファイルの指定をうけて作業するだけなので、間違いも少なく、常に最適の画質条件でスキャンを完了できるプロファイルモードが装備されています。

(4) 広範囲なNXScanの設定メニューと画像エンハンスメント機能

TWAINドライバーの豊富な機能設定をNXScanの管理画面から行う事ができます。
NXScanは、このTWAIN機能設定の上に、更に画像エンハンスメントや、高圧縮PDFへのエクスポート, FTPサーバーへのワンタッチアップロードなどの追加機能を提供します。

TWAINドライバーの基本機能とNXScanによる追加機能が、市場で必要とされるほとんどのスキャン要件を満たします。

また、もうひとつのアプリケーションButton Manager 2は、PhotoshopなどのWindows 各種アプリケーション連携、Sharepoint連携、Dropbox, Google Docsなどのクラウドストレージ連携をワンタッチで行う設定機能付き。 NXScanの機能を補完し、コラボレーションプロジェクトなどの環境構築をサポートします。

FB6280E SSPパッケージは、これらの4つの機能性の提供により、多量な製本文書の電子化業務を行う受託事業者や各企業内の入力センターにおいて、限られた時間で多量の文書を高い画像品質でスキャンすることを求められる電子化入力作業を強力にサポートします。

【別紙1】製品の特長全般、フットペダル   PDF / PPTX

【別紙2】スキャンスピードベンチマーク   PDF / PPTX

【別紙3】プロファイル登録で簡単スキャン  PDF / PPTX

【別紙4】NXScanとTWAIN機能一覧     PDF / PPTX
製品仕様
詳細仕様は、下記別紙5の資料をご参照ください。
【別紙5】製品データシート PDF
製品構成:

■ A3 ブックエッジスキャナ FB6280E本体
■ 電源アダプター、電源ケーブル、USBケーブル
■ TWAINドライバー (他にISIS ドライバー、WIAドライバーも付属)
■ NXScan SSP edition アプリケーションCD 
■ Button Manager 2 (ボタンにプロファイル登録、ボタン選択でスキャン)
■ フットペダル (消耗品扱い)
■ NUANCE PaperPort SE 14 CD
販売経路:

【製品販売】
NEXX法人直販、NEXXダイレクト通販
ダイワボウ情報システム株式会社等、各特約ビジネスリセラー経由
楽天、アマゾン内NEXXマート通販でも御購入頂けます

【製品レンタル】
NEXX法人直販にてお受けします。お問合わせ後、レンタル契約書をお送りします。
背景情報:電子化要件の規制緩和により本ブックエッジスキャナの需要も拡大

(1)現在進行中の規制緩和

紙文書のスキャン入力は、米国などの先進国の動向に比べると、各所轄省庁による規制が非常に強く、国税関係書類や社内の営業管理関係文書の電子化等、量的にはあまり進んでいないのが実態です。 このため、2015年度税制改正大綱で、社内国税関係書類のスキャン保存に関する要件を大幅な緩和することが閣議決定されました。これを受けた実施に向け、9月までに各省令の改正のあと、各企業がスキャン入力文書を正式に使用するための認可を申請する運びとなり、2015年度後半から以降は、各政府機関、民間企業ともに、スキャナ入力による電子化保存が急速に進むことが予想されております。(日本文書情報マネジメント協会) この動きは、国税関係書類の電子化を先頭に、社内の紙文書全般の電子化も一挙に推進する原動力となります。 このため、社内センターでの集中作業による電子化のみならず、社内各部署でのスキャナによる分散処理や、外注業者への委託も、今年年末から来年度にかけて急増することが予測されます。

(2)簡単にばらす事のできない製本化文書を電子化する上での適法で最高画質の選択肢

この環境の中で、NEXXから提供されているブックエッジ型スキャナ(FB6280E, FB2280E)は、フラットベッド型構造の為、現在製本文書専用のスキャン入力装置として公式的に使用が承認されている数少ないスキャナの一つです。特に、BookEdge処理のパテント技術により綴じ目から2mmまでを綺麗にスキャンでき、製本文書用スキャナとしては唯一の製品ですので、今後、正統的な製本文書用スキャナとして、現在進行中の規制緩和に伴い、需要がますます増えることが予想されます。

因みに現時点では、カメラ内蔵のスキャナによる製本文書の電子化や、モバイル、ハンディ型などによる電子化は、各省庁による電子化保存容認の要件としては認められていないため、製本文書のスキャン保存の場合は、正式に電子化の容認条件として、認められているのは、NEXX提供のブックエッジスキャナーだけになります。
お問合わせコンタクト先

■各種お問い合わせ、製品写真・デモ・サンプル機等のご請求は下記にアドレスご連絡ください。
メディアよりのお問い合せ窓口: press@nexx.co.jp 
販売店様・ユーザー様お問い合わせ: info@nexx.co.jp 
もしくは弊社ホームページ「サポート」/「お問合わせ」より
■電話:03-3511-7157 FAX:03-3511-7158 製品お問合せ担当宛て。
■製品写真、画面ショット等の画像資料は、弊社ホームページの製品ページよりダウンロード頂くか、メディア広報担当宛に御請求ください。
株式会社NEXXについて:

ドキュメントやビジュアルコンテンツの適切な管理と活用を目的にした各種ハードウェアとソフトウェアソリューションの開発と販売を行っております。文書管理ソリューション分野では、事業提携先の業界リーダー、Avision社、Penpower社、PIE社等との製品開発と供給上の提携をベースに、もっともユーザーニーズに近く、先進的で特長のあるソリューションパッケージとカスタム開発の提供を行っております。

文書管理ソリューションの領域では、個人ユーザーからITマネジャー、企業管理者の方まで、立場と目的に合わせたサポートを実施し、業務用カスタムソリューションを開発してご提供する一方、日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)認定の文書情報管理士(上級レベル)等の有資格者が、e文書法や著作権法などに適合した文書管理の手法を、分り易い身近なアドバイザー役として、プロジェクト提案やレクチャーを提供しております。

以上

注意:文中記載の企業名、各技術名、製品名等は、夫々の企業による登録商標です。